マイバッグ 商品 商品
ショッピングカート

合計金額: $

値引金額
by

ポートレートジャム

Kate Phelliniが見た春夏秋冬12の色調

ポートレートジャム

ルミナーを代表するテンプレート・ルックパッケージであるポートレートジャム(旧:ジャムバー)は、人生の刹那な美しさを切り取って、そのぬくもりを残したままに写真に命を宿らせてくれます。 ポートレートジャムは、2019年アイエムアワードを受賞したKate Phelliniによって、12つの異なるフレーバーのジャムにちなんだイメージに沿って、各テンプレートが12つの月を表現するよう作られています。

Kate Phelliniが見た春夏秋冬12の色調

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

© Kate Phellini

PORTRAIT JAM

編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前

© Kate Phellini

世界的に活躍する 2019年アイエムアワードの受賞者であるフォトグラファー Kate Phellini:

「わたしがこのテンプレート・ルックコレクションを作ったきっかけは、わたしの長年の季節の移り変わり、そして季節の変化がもたらす光や色の観察にありました。 長い時間を経て観察記録を振り返ると、各月がまるで違う顔を見せてくれていることに気がつきました。弾けそうなほど鮮やかな日の入りを見せてくれる月があったと思えば、絶妙にトーンをコントロールするワルシャワのグレーがかったクリスマスがあり ドイツ語の「Der Marmeladenglasmoment」 (英語では「ジャム・ジャー・モーメント」)という言葉は、このコレクションを作るにあたって最もインスピレーションを受けた概念であったとも思います。 少し言葉通りではなくなるけど、他の言葉で表現するとすれば ー 人生の貴重な瞬間を瓶の中に詰め込んでおいて、外部要因からの影響を受けさせずずっとそのまま保存しておき、時間をおいてまた瓶を開ければ大切な瞬間をフレッシュな状態で味わえる、そんな感じ。 わたしたちは時間を止めることはできないし、人生の中で同じ瞬間を二度体験することもできない。もしできるのだとしたら、写真は最もその手段として近いものだと思います。 わたしが提供するこのテンプレート・ルックコレクションがあなたが消えて行かないでほしいその瞬間を色褪せないまま再現して、保存してくれるはずです。 美とはダイナミックなもので、気がつけばそこにあって、わたしたちフォトグラファーは、いつでもそれを切り取る準備ができていて そしてその瞬間がまだ続いているかのように、その時の色、感覚、空気をそのままに写真に残して体験し続ける、そんなことをわたしたちはしているのだと願います。」

Kate Phellini

写真家。グラフィックデザイナー。

世界的に活躍する 2019年アイエムアワードの受賞者であるフォトグラファー Kate Phellini:

「わたしがこのテンプレート・ルックコレクションを作ったきっかけは、わたしの長年の季節の移り変わり、そして季節の変化がもたらす光や色の観察にありました。 長い時間を経て観察記録を振り返ると、各月がまるで違う顔を見せてくれていることに気がつきました。弾けそうなほど鮮やかな日の入りを見せてくれる月があったと思えば、絶妙にトーンをコントロールするワルシャワのグレーがかったクリスマスがあり ドイツ語の「Der Marmeladenglasmoment」 (英語では「ジャム・ジャー・モーメント」)という言葉は、このコレクションを作るにあたって最もインスピレーションを受けた概念であったとも思います。 少し言葉通りではなくなるけど、他の言葉で表現するとすれば ー 人生の貴重な瞬間を瓶の中に詰め込んでおいて、外部要因からの影響を受けさせずずっとそのまま保存しておき、時間をおいてまた瓶を開ければ大切な瞬間をフレッシュな状態で味わえる、そんな感じ。 わたしたちは時間を止めることはできないし、人生の中で同じ瞬間を二度体験することもできない。もしできるのだとしたら、写真は最もその手段として近いものだと思います。 わたしが提供するこのテンプレート・ルックコレクションがあなたが消えて行かないでほしいその瞬間を色褪せないまま再現して、保存してくれるはずです。 美とはダイナミックなもので、気がつけばそこにあって、わたしたちフォトグラファーは、いつでもそれを切り取る準備ができていて そしてその瞬間がまだ続いているかのように、その時の色、感覚、空気をそのままに写真に残して体験し続ける、そんなことをわたしたちはしているのだと願います。」

ウェブ上