ネオン・トーキョウ

東京のネオン街をイメージしてEvgeny Tchebotarevが作成

ネオン・トーキョウ

街へでて一晩過ごしてみて下さい。どんな街でも構いませんが、きっと東京で過ごす夜とは違うでしょう。Evgeny Chebotarevはそんな東京の雰囲気を捉える事に成功しました。このネオン・トーキョウ・プリセットには東京の街が持つ雰囲気への彼の強烈な情熱が込められています。ぜひご自分の写真でお試し下さい。

東京のネオン街をイメージしてEvgeny Tchebotarevが作成

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

NEON TOKYO

編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前
編集後
編集前

© Evgeny Tchebotarev

© Evgeny Tchebotarev

東京の様な街は他に無いでしょう。賑やかな酒場や活気に満ちた地下のクラブ、果てしなく続く様に思えるネオンサインに目がくらんでも鼻歌は止まらない。東京は500px創設者のEvgeny Tchebotarevの心(とシャッターを無性に切りたがる人差し指)を始めとする多くの写真家を虜にしてきました。

Skylum Asia副社長で現在東京を拠点に写真撮影をする彼は都市の通りの慌ただしさに魅了されたのです。彼はミャンマーの露店通りを散策している時でも香港の摩天楼で写真家達を引き連れてフォトウォークをしている時でも彼は本領を発揮する事はできます。

それでも東京の華やかな通りほど真に彼の心を駆り立てる被写体は無いようで、遅くまでネオンの光を追いかけていたのもほんの数日の事ではないそうです。

終わりのない街と人々。都市の大きさと時のながれる速さを感じながらも、なぜかそこに住む人々は礼節や思いやりの心を忘れないでいます。 街を歩いているとあちこちで都市伝説や映画、音楽にまつわる場所を通る事になります。それでも昼間は私が求めているものではありません。太陽が沈み空がほんのりと紫掛かってきてネオンライトが灯されれれば撮影スタートです。通りを明るく彩るネオンの光への渇望は、暗い夜空にネオンで虹を描く事で癒されるのです。」

東京のネオン街をイメージしてEvgenyが製作した最初のLuminar用シグニチャープリセットです。街の沸き立つエネルギーを写真に取り入れましょう。これがネオン・トーキョウです。

© Justin Lim

Evgeny Tchebotarev

写真家 兼 Skylumアジア成長部門の副部門長

Evgeny Tchebotarevがレンズ越しに世界をみる様になったのは1999年の事で、当時はOlympus 3040zを使用していました。以来、カメラを片手に魔法の様な旅が始まったのです。それからの12年は印象的な写真コレクションの製作やフォトウォークを開催する他、500pxを設立する事に自身の情熱を注ぎ込んできました。彼の500pxやインスタグラムをみれば彼の事がよく分かるでしょう。

2018年にはSkylumのアジア成長部門で部門長に就任してタレント・グローバルチームに加わっています。昨今、彼は「アジアの主要な市場で魅力的な写真家のコミュニティを構築し、Skylumの革新的な画像編集ソフトをより多くの人々に届けたい」という夢の実現に向けて奔走しています。

ウェブ上

Luminar 4

Luminarを手に入れて、
写真を際立たせよう

人工知能を駆使したフィルター
あなたの代わりに
写真を編集

何百もの 1 クリックのルック
を瞬時にやってみよう

強力な RAW 処理
超高速編集に

Luminar
一度の支払いでずっと楽しもう

© Evgeny Tchebotarev