木村琢磨から学ぶLuminarAIを使った写真編集

LuminarAIを使ったプロ仕様の写真編集。

当社について

風景写真やポートレート写真をLuminarで簡単に編集する秘訣をチェック。

RAW現像、色味調整やLUTs。PhotoshopやLightroomとのコンビネーションとして使うLuminar。LuminarAIを使ってプロ顔負けの写真編集を。

11種類のわかりやすいチャプターにより構成されるコースで、現場で実践しやすい知識を学習!

学ぶ

  • LuminarAIを使った写真編集
  • RAWとJPEGの違いと各々の形式の利点
  • 色味調整とクリエイティブなメッセージを伝える独特な色使い
  • 風景写真向けの編集について
  • 画像のムードを変更するためにLUT(ルックアップテーブル)を使用する
  • LightroomとPhotoshopでLuminarAIを使用する
  • 写真に自分を写し込む
  • 印刷用の写真編集とSNSのための写真編集
  • ポートレートのワークフロー

含まれるもの

  • 2時間以上のコンテンツ
  • 11種類の動画

学べること

  1. イントロダクション

    写真家木村琢磨が大切にしている撮影ポイントやLuminarAIを使ってのRAW現像の重要性を解説します。

  2. 2

    LuminarAI ワークフロー

    LuminarAIを使ってのRAW現像のワークフローの解説。画像を読み込んで書き出すまでの一連の流れを実際に現像を行いながら解説します。複雑な作業工程は必要ありません。LuminarAIに任せてまずはRAW現像とはどのようなものかを体験してみましょう。

  3. 3

    RAWとJPGの違いと差

    なぜRAWデータが必要なのか。JPEGとRAWの違いとは何か。この二つの形式の違いを知ることでより一層RAW現像の大切さ、重要性が理解できます。大切な写真データを残していく上でRAWとJPEGの違いを知っておくことは重要です。LuminarAIで実際にJPEGとRAWを補正してその差と違いを解説していきます。

  4. 4

    色補正

    作品を作り上げる上で色は重要な要素です。必ずしも忠実な色味が正解とは限りません。色の持つイメージは作品の見え方に大きな影響を与えます。赤か青か、同じシーンでも色が変わると時間や季節まで違って見えます。自分の表現したい色をLuminarAIを使って自在に表現していきましょう。

  5. 5

    風景写真向けの編集について

    風景写真の正解とは何か。自分の中にある風景写真の正解をLuminarAIのRAW現像で導き出します。ここでは写真家木村琢磨の風景写真の表現方法と自分の中にある一つの答えを導き出します。風景写真を仕上げるためにはモニターと向き合うだけでは完成しません。撮影現場で五感で感じたものを一枚の写真に反映します。

  6. 6

    画像のムードを変更するためにLUT(ルックアップテーブル)を使用する

    動画を撮影していない人にはLUT(ルックアップテーブル)という言葉は馴染みがないかもしれません。主に動画のイメージを決定するときに使用するLUTですが写真にもLUTは有効的です。LuminarAIのムード機能を使ってワンクリックで写真のイメージを大きく変えることができます。難しい操作は必要ありません、結果をリアルタイムで確認しながらLUTの効果を体験してみましょう。

  7. 7

    LightroomとPhotoshopでLuminarAIを使用する

    写真を撮影している人であればPhotoshopとLightroomを使用して作品を仕上げているユーザーは多いでしょう。私もその一人です。ここではPhotoshopとLightroomのプラグインとしてのLuminarAIの活用法を紹介します。PhotoshopもLightroomも万能なアプリケーションですがLuminarAIにしかない機能や表現方法があります。複数のアプリケーションを使ってより多彩な表現方法を身につけましょう。

  8. 8

    写真に自分を写し込む

    写真とはただの記録ではありません。撮影者の感情や思いもその一枚に写り込んでいます。自分だから撮れた一枚をより良く表現するためにLuminarAIを活用します。より自分の見せたかったもの、表現したかったもの、なぜシャッターを切ったのか、必ずその一枚の中に答えが写っています。

  9. 9

    SNSと印刷物に適したワークフロー

    みなさんは写真を撮影した後、RAW現像をした後の写真はどうしていますか?SNSを使ってアップロードしてより多くの方に見てもらう人もいればプリントをして自分で楽しむ人もいるでしょう。SNSの写真とプリントの写真の違いとRAW現像の調整の解説をしつつ両方の楽しみ方を紹介します。

  10. 10

    ポートレートワークフロー

    LuminarAIが有効なのは風景写真だけではありません。AIの機能を使ってポートレート作品を仕上げてみましょう。LuminarAIのAI機能は複雑な操作を必要とせずポートレートに適した仕上げを提供してくれます。全身もバストアップも、デジタルメイクもLuminarAIのAIにお任せして仕上げてみましょう。

  11. 11

    まとめ

    RAW現像はとても有効な手段だが、一番大切なことは写真を撮る時の思いだ。自分がその一枚に込めた思いや撮影後の写真の活用方法など。写真には自分自身が写り込むのでまずは楽しむことが大切で、写真を撮り続けることで自分の中の答えと出会える。写真は被写体の記録であり、自分自身の記録でもあります。

Luminar X Membershipに登録して入手

$49 年間一年に一度の請求

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum

2 Luminarチュートリアル

年間

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(2)

2 写真チュートリアル

年間

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(3)

12種類の限定Luminarテンプレートパック

年間

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(4)

12種類の特別なスカイテクスチャ

年間

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(5)

15%のLuminarマーケットプレイス割引

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(6)

それだけではない驚きのオファー

$49 年間一年に一度の請求

😍 201ドルお得

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(7)

木村 琢磨

幅広く活躍する日本人コマーシャルフォトグラファー

フリーランスフォト・ビデオグラファー。 1984年12月5日岡山生まれ。地元広告写真スタジオに12年勤めたのち2018年に独立。 
地元岡山県を主な活動フィールドに写真という言葉にとらわれず絵画や映画のような作風でジャンルレスな作品を制作。 
最長12mのロング一脚を使った超ハイアングル撮影やドローンを使った空撮なども手がける。
TVドラマの写真監修やドキュメンタリー番組の撮影、デジタルカメラマガジンにて『図解で分かる名所の撮り方』連載中。


2019年 International Photography Awards 2019 Professional部門 Nature, Landscapeカテゴリー入賞

2016年から2017年にかけては、Olympus Gallery Tokyo、Pictorico Gallery、そして岡山県で3つの個展を開催しました。

Luminar - 史上最高にスマートなMac & PC両対応の写真編集ツール | Skylum(8)