色温度

画像の色温度とホワイトバランスを修正

このフィルターを使って青っぽく冷たい表現や橙色系の暖かい表現を試してみて下さい。色温度をわずかに変えるだけで写真の印象が劇劇に変化してイメージする写真に近づける事ができます。RAWファイルで撮影した場合、晴れ、曇り、屋内などホワイトバランスのプリセットが利用可能です。

ページの作成者
Rob Hull

加工前

編集後

フィルターコントロール

色温度と色合い

このフィルターは写真の色温度を調節し、冷たい印象(青っぽい表現)や暖かい印象(橙色っぽい表現)にする事ができます。色温度を修正するのに便利で、RAW画像データに対してはドロップダウンメニューから色温度のプリセットを選択する事ができます。

色温度

色温度をより冷たく(青っぽい)したり暖かく(橙色っぽい)したりします。

色合い

スライダーを左に操作する事で緑の色合いを加え、右に操作する事でマゼンタの色味を加えます。

プリセット

RAW画像データの編集時にはホワイトバランスのプリセットを選択できます。

スポイトツール

画像の特定のピクセルを指定する事で色温度や色合いを設定できます。

Rob Hull

プロの写真家

www.greatphotography.com/macphun

ロブ・ハルは認定プロフォトグラファーで米国プロ写真家協会から写真撮影の修士号と写真作成の学位を取得しています。1998年に南メソジスト大学で写真撮影を教え始めたロブは最近では業界の顔とも言えるトニー・コーベルと教育の為のパートナーシップを結んでいて、ロブとトニーはコーベル写真ワークショップでワークショップや授業を主催しています。熱心な写真家はAmherst Mediaから出版されているロブの著作”How to Take Great Photographs”を読めば多くの事を学ぶ事ができるでしょう。より熟練した写真家の為にロブはキャノン上級撮影者プログラムやCPP Lighthouseプログラムを主催しています。

New AI tools in Luminar 4
and more...