トーン

全体的なバランスの取れた画像に対して全体的な明るさやコントラストを調節

このフィルターを使うと全体の輝度やコントラストを調節してバランスの取れた美しい写真を作成できます。画像内の色の調和をとる上で最も重要になるのがトーンフィルターです。

ページの作成者
Aldryn Estacio

加工前

編集後

フィルターコントロール

露出

画像全体の明るさを調節します。スライダーを左に操作すると画像が全体的に暗くなります。逆に、スライダーを右側に操作すると全体的に明るくなります。

コントラスト

画像のコントラストを調節します。コントラストとは画像内の異なる部分同士の明るさや色味の違いを表しています。

スマートトーン

スライダーで画像全体に対して部分部分の明るさに応じた調節をします。暗い部分はより明るく、明るい部分は潰れない様に明るさが変化します。非常に強力で使い勝手の良いツールと言えます。

ハイライト

画像の最も明るい部分の明るさを調節します。スライダーを右に操作すると画像内で最も明るい箇所がより明るくなり、逆に左に操作すると暗くなります。

シャドー

画像の最も暗い部分の明るさを調節します。スライダーを右に操作すると画像内の最も暗い箇所が明るくなり、潰れていたディテールが見える様になります。逆に、スライダーを左に操作すると最もくらい箇所がより暗くなり、全体として最も暗い範囲が増えます。

白レベル

ヒストグラム中の明るい箇所を対象として明るさの調整を行います。スライダーを右側に動かすと最も明るい箇所がさらに明るくなり、ヒストグラムが全体的に右側へ伸長します。逆にスライダーを左側に動かすと最も暗い箇所がさらに暗くなり、ヒストグラムは左側へ圧縮されます。

黒レベル

ヒストグラム中の暗い箇所を対象として明るさの調整を行います。スライダーを右側に動かすと最も暗い箇所が明るくなり、ヒストグラムが全体的に右側へ圧縮されます。逆に、スライダーを左側に動かすと暗い箇所がより暗くなり、ヒストグラムが左側へ伸長します。

Aldryn Estacio

プロの写真家

www.flytpath.com

アルドリン・エスタシオはこれまで創造性あふれる芸術作品の製作に人生を捧げてきました。クリエイティブ・ディレクターであり写真家、UEデザイナー、ファインアーティストの顔も持つアルドリンは常に新しい表現に挑みながら心が動かされる作品の製作を志しています。仲間やクライアント、友人と共に連携して学びながら製作する彼の姿は誰もが憧れる事でしょう。アルドリンが’空撮を始めたのはDJI Phantomが最初に発売された2013年の事です。当時の技術ではドローンにGoProカメラを直で取り付ける程度の事しかできませんでしたが、アルドリンがドローンで撮影される独特の景色の虜となるのには充分でした。一人称視点での操縦はまだ行われていなかったので、飛行中の写真は全てタイムラプスモードを使用して撮影されていました。それから数年が経過し、現在アルドリンは遠隔で自由に設定を変えられる複数台のフルマニュアル内蔵カメラによるHDのライブ映像を確認しながらドローンを操縦しています。カリフォルニア州サンディエゴ各地で撮影されたアルドリンの作品は各方面で利用されており病院やテレビでも彼の作品を目にする事があります。また、CW6サンディエゴニュースではこの二年間彼の撮影した空撮の映像が使用されています。昨年には80年前に座礁したSS Monte Carlo号がエルニーニョ現象によるストームで打ち上げられた様子を捉えた映像がコロナド歴史博物館で取り上げられ、歴史遺産に関連する賞を受賞しています。

New AI tools in Luminar 4
and more...