3種類のRAW現像ソフトを厳選

February 05

1 min. to read

view 58388

この記事は、RAWの開発に必要なソフトウェアを見つけるのに役立ちます。ここでは、初心者のRAW開発者からプロのソフトウェアまでをお伝えしたいと思います。

スグに使えるあなたの即戦力になるRAW現像ソフトを見つけていきたいと思います。数あるRAW現像ソフト、いったい何ができるのか?使う用途によって選ぶ基準は変わりますよね!きっとこの記事を見ることにより、あなたの必需品になるRAW現像ソフトが見つかることでしょう!ここではRAW現像初心者からプロが使うソフトまでお伝えしようと思います。

RAW現像とは?

写真のデータには、大きく分けて「RAW」と「JPEG」の2つのフォーマットがありますね!

RAW現像とはRAW形式で記録された写真データを編集し、最終的にjpegなどの画像ファイルにすることを指します。一般的な「JPEG」は、カメラ内で「RAW→JPEG」に変換されています。

RAWとJPEGを比較すると、RAWの方がファイル容量が多いです。それは、豊富な画像情報を保存しているためです。

なぜRAW現像をするのか?

RAWデータ(「RAW(ロー)」とは、日本語で「生の」という意味です。)の方がjpegよりも豊富な色情報を持っています。そこでその豊富な色情報から編集ソフトで作ることにより、希望の最高の仕上がりを作ることが可能です。RAW現像ソフトでjpegに書き出すことのよりそれが実現します。既に撮った写真を後から編集できることがポイントですね!ちなみに念のためお伝えしますが、スマホなどでできる画像補正とは、レベルが違います。

RAW現像ソフトでできること

分かりやすく、簡単に説明しますと、

  • よくありませんか?昼間に撮ったのに、暗過ぎて見えない!その画像を明るくし、見えるようにします。逆光写真も蘇ります!
  • ぼやけている雲をはっきり、くっきり写したり、空の色を変えれます。
  • なんと、太陽がない雲に、太陽や太陽光を自然に出現させることができます。
  • ぼやけている写真の色を、くっきり見えやすく色彩を出したりします。
  • 対象物の見えにくくなっている箇所のノイズを除去することにより、見えやすくします。
  • 対象物が背景と一緒にぼやけて写っている場合、対象物を見やすくはっきりさせます。
  • 撮った画像の中で、消したい対象物を消すこともできます。
  • 撮った写真の歪みを、見やすく補正することができます。

などなど、ここで書いたのは、ほんの一例ですが、様々な編集ができます。お気に入りの写真が作れるということです。

後から調整しやすいことが、RAWのメリットです。RAW現像といえばプロが使っているイメージですが、後から編集できるという点や、撮った写真とじっくり向き合うという意味では、RAW現像ソフトを通して、撮った構図などと向き合う時間が増えるので、次回はどうやって撮ろうかなどを考えることになるので、実は初心者にもオススメです!

今、選ぶべき3種類のRAW現像ソフトを厳選!

1. Luminar 4

3種類のRAW現像ソフトを厳選

もう試しましたか?AI(人工知能)技術搭載の一歩先のRAW現像ソフト。

様々な編集がAI技術により自動化し驚きの速さで実現可能になりました。空の編集、顔のポートレート修正、太陽光線、人間認識、オブジェクト認識、他のRAW現像ソフトに無い機能が満載なところが特徴です。60種類以上の豊富なプリセットで画像を柔軟に編集することが可能です。知る人ぞ知る、まるで魔法のRAW現像ソフトがLuminar 4です。

メリット

初心者の方でもスライダーを動かすだけの簡単操作で、本格的なRAW現像ができる。

買い切り型で、サブスクリプション、月額課金ではないので維持費が不要。

LightroomやPhotoshopのプラグインとして使用することも可能であり、Lightroomには無いAI技術の自動化が便利なためプロも使用。

✖️デメリット

タイムプラス動画が作れない

ipadやiPhoneのアプリがないので、モバイル環境では使うことができない

Lightroom、Photoshopと比べると若干動作が遅い

 ※Luminar 4の操作環境は以下になります。

Windows

  • プロセッサ (CPU):Intel Core i5 以上
  • メモリ (RAM):8 GB 以上
  • ストレージ (HDD/SSD):10GB 以上
  • グラフィックカード:Open GL 3.3以降

Mac

  • Macモデル:Early 2010以降
  • メモリ (RAM):8 GB 以上
  • ストレージ (HDD/SSD):10GB 以上

2. Adobe Lightroom

3種類のRAW現像ソフトを厳選

定番中の定番である業界の大御所、Adobeの製品です。Photoshopを使われている方も多いのではないでしょうか?そのAdobeがRAW現像分野で出しているのが、Lightroomです。Lightroomは業界標準ソフトなので、様々なRAW現像ソフトは、機能が充実しているこのソフトと比べられることが多いです。業界標準ということでオススメですが、近年、Adobeは、ソフトの買い取り型からサブスクリプション、月額課金制にしています。ユーザー目線であれば、買い取り型でコストを抑えたいというところが本音と言ったところです。

メリット

  • 業界最大手のソフトなのでユーザーが多い
  • Adobeどうしのソフトで互換性が高い。
  • 使い方の説明がインターネット上でたくさんある。

✖️デメリット

  • 最初に慣れるまで多少の時間がかかる。
  • 高度な編集をするには、LightroomとPhotoshopを組み合わせる必要がある。
  • 月額課金のため、毎月維持費がかかる。

3. SILKYPIX Developer Studio Pro10 

3種類のRAW現像ソフトを厳選2020年2月19日に発売されたSILKYPIX Developer Studio Pro10、日本国内メーカーです。特徴は目的の写真表現に合わせ、複数の写真を合成する合成機能を搭載。ノイズ除去、ぼかし機能が強化されています。

メリット

  • なにがなんでも日本国内メーカーにこだわっている方にはオススメ。
  • 複数の写真を合成する合成機能
  • ベーシックなRAW現像ソフト

✖️デメリット

  • Adobe製品へのプラグインなどは意識して作られていない。
  • ipadやiPhoneのアプリがないので、モバイル環境では使うことができない。
  • ベーシックなRAW現像ソフトのため他のソフトとの差別化が難しい。

まとめ

2020年現在、色々なRAW現像ソフトがありますが、RAW現像ソフトを選ぶにはAI(人工知能)技術搭載が決め手でした。このAI技術を搭載しているのが、Luminar 4でLightroomには無い機能です。そしてLuminar 4はLightroomとPhotoshopの両方の機能を兼ね備えているイメージと言って良いでしょう。豊富な編集機能を兼ね備えているのです。初めてこのAI技術搭載のLuminar 4を使ってみるとそこには、驚きを隠せずぱっと新しい世界が突如として現れる感じです!まずは今スグ試してみることをオススメします!

Luminar logo photo effects app

写真編集の未来を発見する

LuminarAIについてもっと詳しく

14日間無料でAurora HDRを試す

正常に送信されました!

受信トレイをご確認ください。
メールでコピーを送信しています。

ごめんなさい

既に登録されているようです。

ごめんなさい

残念なことに、 以前Skylumからのメールを 非購読に設定したようです。 再度購読するには、こちらからどうぞ。 undefined

ダウンロードいただきありがとうございます
Aurora HDR

ダウンロードの準備中…

ダウンロードを開始しないですか。
心配しないで、ちょうど ここをクリックして もう一度やり直してください。

おっと、エラーが発生しました。 ご心配には及びません。ここをクリックしてもう一度お試しください。

ステップ1

ステップ1 Aurora HDR インストーラーを
検索して開きます。

ステップ2

ステップ2 Aurora HDR をインストールする指示
に従ってください。

ステップ3

ステップ3 新しい写真編集体験を
楽しむ

Luminar logo photo effects app

より速く、目覚ましく。