マイバッグ 商品 商品

ホリデー割引コード:

asdfjvbknl

適用する

Your shopping cart is empty

Continue Shopping
ショッピングカート

ホリデー割引コード:

asdfjvbknl

適用する

合計金額: $

Cart Summary

暗号化を使用した安全な決済

値引金額
by
の一部
フルセットを購入して5ドル節約
フルセットを購入

フライ・ハイ LUT

LUT by スカイラムチーム

$29

当社について

Ever wanted your drone photos to look spectacular? If you’re photographing outdoors and from up high, these 10 flexible LUTs for photos and videos by the Skylum Team will make your panoramas look fantastic and give your drone photos a breathtaking effect. Vivid, faded, atmospheric, colorful, or toned down, you’ll definitely find a LUT in this collection that will freshen up your panoramas, no matter if they’re shot in nature or in an urban setting.Not only are the effects versatile — the LUTs themselves are too! You can use them with Luminar 4, Luminar AI, and Luminar Neo, but also with Photoshop and Lightroom — and even in your video editing!This collection contains the following LUTs:Nature: A natural LUT with a slight color accentBright: A LUT that adds vividness to the sceneDusk: A slightly faded LUT in cold tones, perfect for evening shotsCozy: A warm LUT with slightly cold shadowsSunset: A soft LUT perfect for sunsetsDaylight: A bright LUT ideal for daylight shotsGloom: A cold, cinematic LUT for cloudy weather Rich: A contrasting LUT with tone correctionNeutral: A low-contrast LUT with slightly modified tonesIcy: A cold LUT with an accent on contrast

互換性

Luminar 4, Luminar AI, Luminar NEO, Lightroom, Photoshop

このような写真をゲット

提供されたRAWファイルを使ってレタッチのコツを簡単に練習、こんな写真に仕上げる方法を学ぶことができます。

© romanlisovy
>
編集前 編集後
© SamFoster
>
編集前 編集後
© skymediapro
>
編集前 編集後
© Wirestock
>
編集前 編集後
© mathias_berlin
>
編集前 編集後
© AerialBO
>
編集前 編集後
© OlgaSinenkoBO
>
編集前 編集後
© AerialBO
>
編集前 編集後
© edb3_16
>
編集前 編集後
© Gorodenkoff
>
編集前 編集後

関連商品

クリエーター

Team Skylum

フォトグラファー・カラリスト・レタッチャー

スカイラムチームは、何百人ものプロフォトグラファーやレタッチャーと試行錯誤して、どんな場面でも活躍できる最高のテンプレートの制作に取り組んできました。 スカイラム AIラボでは、プロフォトグラファーの撮影した写真や編集のワークフローを分析し、誰もがLuminar AIが提供する最先端の技術を活用できるよう研究を続けています。 わたしたちのミッションは、写真編集時間を最小限までに短縮し、最短で最高の結果を得られること、そしてみなさんにとって写真撮影や編集を楽しい経験にすることです。