<必見>もう試しましたか? Lightroomの代わりに今選ばれているRAW現像ソフト 3つのポイントを世界一分かりやすく解説!

March 06

2 min. to read

view 65035

Lightroomのお試し期間が終了、このままサブスクリプション(月額課金)を続けるべきか、Lightroomの代わりを探そうかな?と思っているあなた。Lightroomを今使っていて、他社のRAW現像ソフトってどうなの?

なぜ今Lightroomの代わりに他のRAW現像ソフトが選ばれているのか?

  • Lightroomはサブスクリプション(月額課金)なので、長く使っていくと結果、価格が高くなってしまいます。例えば980円が1年で11760円、2年で23520、3年で35280円です。長く使う場合は価格が高くなるので、他のRAW現像ソフトが選ばれています。
  • RAW現像ソフトはソフトによって操作性が異なり、初心者には操作が簡単な(優しい)RAW現像ソフトがLightroomの代わりに選ばれています。
  • 編集される範囲、加工する素材の種類により、編集後の画像の変化がRAW現像ソフトによって大幅に異なります。この理由により、編集範囲の広い、加工する素材の種類の多いRAW現像ソフトがLightroomの代わりに選ばれています。
  • ここ数年、いろいろな技術の登場により、画像編集時間の短縮ができるような時代を迎えていて、新しい技術搭載のRAW現像ソフトがLightroomの代わりに選ばれています。

Adobe Lightroom VS 他社RAW現像ソフト、あなたはどちらを選ばれますか?

経験ありませんか?Lightroomで高度な編集をするには、Photoshopも必要で、画像編集に思ったより時間がかかってしまいます。RAW現像ソフトの中にはオールインパックで、画像編集の機能がついているRAW現像ソフトがあるので、画像編集の充実しているRAW現像ソフトがLightroomの代わりに選ばれています。そのような理由から、本当にLightroomのままで良いのか?ここは疑問を持って考える必要があるのです!

今Lightroomの代わりに使われている最も注目されているRAW現像ソフトは?

Lightroomを今使っているあなたも、これから何を使おうか迷っているあなたに自信を持ってオススメするソフトです!

1. Luminar 4

<必見>もう試しましたか? Lightroomの代わりに今選ばれているRAW現像ソフト 3つのポイントを世界一分かりやすく解説! Image1

ついに登場「AI技術搭載」のRAW現像ソフト

様々な編集がAI技術により自動化し驚きの速さで実現可能になりました。空の編集、顔のポートレート修正、太陽光線、人間認識、オブジェクト認識、Lightroomに無い機能が満載なところが特徴です。60種類以上の豊富なプリセットで画像を柔軟に編集することが可能です。Lightroomの代わりとなるソフトとして知る人ぞ知る、まるで魔法のRAW現像ソフトがLuminar 4です。

ここでLuminar 4の利用者の声を引用していきましょう。

“「AI機能を使って、空や顔を調整してみたい方」はLuminar 4「AIに頼らず自分で調整する」という方は、どちらでも(LightroomやLuminar 4)OK “

引用元 ケイカメ(けいすけのカメラブログ)https://ksk-h.com/luminar4_lightroom_comparison/

“ RAW現像ソフトLuminar 4はAI機能が秀逸で Lightroomの代替としてもOK! “ 引用元 PHOTOGRAFAN(一眼カメラ撮影テクニック&撮影日記 https://www.photografan.com/camera-gear/luminar-4/

Lightroomには無い機能があるのがLuminar 4で、これがLightroomの代わりに選ばれている理由でもあります。

✅メリット

  • 初心者の方でもスライダーを動かすだけの簡単操作なので、Lightroomの代わりのソフトに選ばれている。
  • 買い切り型で、サブスクリプション、月額課金ではないので維持費が不要、長く使う場合はLightroomよりお得なので、Lightroomの代わりのソフトとして選ばれている。
  • Lightroomには無いAI技術の自動化が便利なため、プロにもLightroomの代わりのソフトとして選ばれている。

✖️デメリット

  • クラウドストレージのサービスが無い。
  • ipadやiPhoneのアプリがないので、モバイル環境では使うことができない
  • Lightroom、Photoshopと比べると若干動作が遅い

※Luminar 4の操作環境は以下になります。

Windows

  • プロセッサ (CPU):Intel Core i5 以上
  • メモリ (RAM):8 GB 以上
  • ストレージ (HDD/SSD):10GB 以上
  • グラフィックカード:Open GL 3.3以降

Mac

  • Macモデル:Early 2010以降
  • メモリ (RAM):8 GB 以上
  • ストレージ (HDD/SSD):10GB 以上
新しいLuminarAIがさらに1000円引きになる特別割引クーポンは、こちらです:TOMODACHI1000

2. Capture One

<必見>もう試しましたか? Lightroomの代わりに今選ばれているRAW現像ソフト 3つのポイントを世界一分かりやすく解説! Image2

プロ御用達で、あらゆるRAWファイルの画質を最大限に引き出すように開発されていると言われています。全般的には、細かなレイヤー機能など、写真に対しての緻密なコントロールはLightroomより優れているので、Lightroomの代わりのソフトに選ばれています。大きな特徴としては、FujifilmのカメラやSonyのカメラを使用している場合、特別プランが用意されています。無料体験が長いので、Lightroomの代わりのソフトを探している方にはオススメです。

✅メリット

  • 細かなレイヤー機能など、写真に対しての緻密なコントロールはLightroomより優れているので、Lightroomの代わりのソフトに選ばれている。
  • Lightroomと比べて、30日間の無料体験ができるので長く無料で使用することができる。
  • 特にFujifilmのカメラを使用している場合、Lightroomより現像が優れてできると言われている。

✖️デメリット

  • Lightroomと比べても高価格設定で、ソフトの買取の場合3万円以上かかってしまう。
  • 細かなレイヤー機能などLightroomより優れていると言われているが、違いが初心者には分かりづらい。
  • サブスクリプションも用意されているが、結局のところ月々の支払いが2000円を超えてしまい、Lightroomと比べても高くなってしまう。

まとめ

Lightroomのお試し期間が終了、このままサブスクリプション(月額課金)を続けるべきか、Lightroomの代わりを探すか?ここは迷うところですよね?そして今Lightroomを使っているあなたも、他のRAW現像ソフトも気になるところですよね?なぜならRAW現像ソフトはLightroomだけでは無く、たくさんあるからです。そこで今回はLightroomだけではなく、他社のRAW現像ソフトを利用することをオススメします!なぜなら「撮った後生まれ変わる、写真の新しい楽しみ方」はRAW現像ソフトによって確実に変わるからです。そこで特にオススメなのが、今回ご紹介したLuminar 4、一歩先のAI技術搭載のソフトをぜひこの機会に今スグお試しください。視野を広げればそこには新しい世界が待っていますよ!!

Luminar logo photo effects app

写真編集の未来を発見する

LuminarAIについてもっと詳しく

14日間無料でAurora HDRを試す

正常に送信されました!

受信トレイをご確認ください。
メールでコピーを送信しています。

ごめんなさい

既に登録されているようです。

ごめんなさい

残念なことに、 以前Skylumからのメールを 非購読に設定したようです。 再度購読するには、こちらからどうぞ。 undefined

ダウンロードいただきありがとうございます
Aurora HDR

ダウンロードの準備中…

ダウンロードを開始しないですか。
心配しないで、ちょうど ここをクリックして もう一度やり直してください。

おっと、エラーが発生しました。 ご心配には及びません。ここをクリックしてもう一度お試しください。

ステップ1

ステップ1 Aurora HDR インストーラーを
検索して開きます。

ステップ2

ステップ2 Aurora HDR をインストールする指示
に従ってください。

ステップ3

ステップ3 新しい写真編集体験を
楽しむ

Luminar logo photo effects app

より速く、目覚ましく。