ジエリー・デホブは Skylum のソフトウェアで素晴らしい写真を作り上げ、その秘訣を教えてくれた。

ジエリー・デホブは建築写真界で人気急上昇中のフォトグラファー。 形や、線、質感、色に関する感覚。大胆な構図。そして技術的スタイル。この3つが、激しさとくっきりとしたディテールと共に、彼の作品のシーンに命を吹き込んでいる。

デホブの明確な芸術的ビジョンは、グラフィックデザインをしっかりと学んでいた過去に関係している。彼はフランスで最も優れたグラフィックデザインの学校の一つ、パリにある Atelier Met de Peninghen でデザインを学んだ。 当時彼が焦点を置いていたのが形と線、そしてフォントデザインである。学校を卒業後はアートデザイナーとして、パリにある大きな代理店で、業界で最も優れたフォトグラファーと共に広告キャンペーンの仕事をする機会に恵まれた。 それはデホブが魅力を感じるアートの形であった。彼は次々に独自の画像を作り上げ、出版していった。デホブは言う。「コンデナストの表紙を担当した後、2009 年にフルタイムでフォトグラフィーに関わるようになった。気付いたらその流れの中にいて、人々に認識されるようになっていたんだ。」

当時カリブに暮らしていたデホブは、幾つかの大きなプロジェクトに取り組む機会に恵まれた。空間、形、デザイン、光、空気感に対する彼の情熱は、その作品に美しさと技術的鋭敏さ、ビジュアル的面白さのバランスをもたらした。カリブの自宅を拠点にいくつかのプロジェクトを終えた後、彼は活動範囲を広げ、現在はアメリカ、アジア、カナダで大きなプロジェクトに取り組んでいる。

デホブは、彼の視覚的スタイルは幼い頃の教育によるものだと信じている。「フランスに影響を受けた画像を作っていると思う。モネやマネ、デラクロア、セザンヌといった印象派や構図がすごく好きなんだ。」彼は言う。「子供の頃、ボードレールの詩にも感動したものだよ。」

彼の技術的なワークフローに関しては、彼自身が研究を重ねた本物のプロセスから外れることはない。それが彼の画像に一貫性を持たせている。 デホブのプロセスはクライアントとの最初の打ち合わせから始まる。「クライアントやデザイナー、オーナー、建造者と会って何を求めているか聞くんだ。そして現場を訪れ、その場所の空気を吸収する。力強い影やハイライトが得られるベストな時間も確認するよ。 コントラストが本当に好きだし、それがなかったら撮影はしない。」彼は言う。その場所を検証したら、欲しい画像が撮影できる適切な時間にそこに戻る。構図と露出を慎重に使いながら、カメラで画像を作り上げる。完成品を仕上げるために最高の素材を手に入れるのだ。

画像を撮影したら、それを Skylum に取り込み加工を行っていく。「僕の画像には Intensify ProTonality Pro を使っている。必要な時は Noiseless を使うこともある。 Skylum の Aurora HDR 1) は手に入れたばかりなので、まだ練習中なんだ。素早く、エッジの効いた画像を作ることのできるクールなツールだね。建築物に関しては、いつも同じワークフローで撮影するんだ。撮影したら同じように編集し始めて、被写体によって、特にヴィラやヨットなんかはプロセスを変えたりする。」