Luminar 3.2.0

リリース完了

  • CR3 RAW対応

    最新のキヤノンカメラ用Rawファイルサポートを追加しました。キヤノンをお使いの場合、Luminar 3でCR2とCR3ファイルの両方で完全に動作するようになりました。お楽しみください!

  • より速くなったLooksプレビュー

    パフォーマンスの微調整を支援してくれたLuminar Artistsのおかげで、Looksの動作が更に高速になりました。今すぐあなたの写真でLooksを試してみてください!

Luminar 3の次のバージョン

計画中

  • IPTC基本編集

    今後は、IPTC情報を編集し、これらのプリセットを複数の画像間で同期できるようになります。

  • 画像テキストフィールドの検索ツール

    この改善により、IPTCフィールドとファイル名から画像を見つけることができます。

  • 新しいカメラプロファイル

    複数のカメラモデルのカラーレンディションを定義するために、より多くのカメラプロファイルを追加しました。

  • 新しいレンズプロファイル

    異なるレンズのプロファイルが実装されます。これにより、レンズ固有の歪みを修正できます。

Luminar 4.2.0

リリース完了

  • 新しいAI 空の拡張

    Luminar 4.2の「クリエイティブ」タブ内に、新たな機能『AI 空の拡張』が追加されました!このツールを使用することで、ツール内に事前収録されているオブジェクトや、または自身でアップロードしたオブジェクトを、編集したい空にシームレスに追加することができます。

  • ポートレートツールの画期的な改善:

    今回のアップデートでは、新しい顔特徴検出ネットワークを導入します。これにより、ポートレートの強化に関して、より正確でリアルなオートメーションを実現できます。

    AIスキン・エンハンスメントツールには、新しい「てかり除去」テクノロジーが加わりました。これを使用すると、額や頬の過度のてかりを抑え、より均一な明るさのポートレートを作成できます。

    AIポートレート・エンハンサーには、新たに「スリムフェイス2.0」機能が搭載されました。今回のアップデート以前には、顔のスリム化は顔の下部にしか機能せず、時折リアルとは程遠い修正を施す原因となっていました。

    私たちは、Luminarユーザーの方々に最も愛されている機能の1つであるAIスカイ・リプレースメントを段階的に改善しています。新しくなった「リライトシーン」テクノロジーは、カメラで最初に補足した際の色を保持します。

    また、MLキャッシュシステムに加えられた改善により、マシンのプロセッサとの相互作用の効率と速度が向上しました。

  • 最後に、Windowsユーザーには3つの追加のアップデートプログラムも表示されます:
    • Preview Preset Multithreading - For multi-core systems, generation of previews received a boost, making for faster and more comfortable viewing and usage.
    • Third-party Plugin Implementation - Popular plugins can now be used. At this time, plugins for the Aurora HDR, DxO Nik Collection family, as well as the Topaz plugins collection, are supported.

New AI tools in Luminar 4
and more...