人物を写真にPhotoshopする方法

December 17

1 min. to read

Photoshopで2枚の画像を、1枚に合成する方法は色々あります。

ポートレートにぴったりな風景を見つけたとしても、モデルがいなかったり、穏やかなビーチや賑やかな街角の素敵な写真を撮った後、その場所でセルフポートレートを撮ればよかったと思うかもしれません。

人物を写真にPhotoshopする方法 Image1 撮影時に、人物を一緒に撮らなかったことを後悔せず、誰かを写真にPhotoshopで入れる方法を学びましょう。そう、できるんです!

人物を写真にPhotoshopする方法 Image2 写真をPhotoshopする方法を学ぶ

Photoshopでの写真編集は、単に色や露出の調整、ノイズ除去、カスタムサイズにトリミング、フィルターの追加だけではありません。他にもっといろいろあります。Photoshopは、ユーザーがピクセル単位で編集をできるソフトウェアです。つまり、画像のたった1つのピクセルを選択して、必要に応じて編集可能です。

このレベルの編集では、Photoshopを使って、簡単なステップで人物を写真にさし入れられます。

もし、これらのような高度な機能がなくても、優秀な写真編集ソフトウェアをお探しの場合、使いやすくて多機能なLuminarお試しください。

簡単なステップで写真をPhotoshop加工する

誰かをPhotoshopして、他の写真に入れるのは簡単なプロセスですが、上手に仕上げるには、コツや手順が必要です。

そのステップはこちら:

  • 適切な写真を見つける


最初に2枚の写真に視覚的な互換性がない場合、ある写真から別の写真に人物を追加することは難しいと理解すべきです。

視覚的な互換性とはどういう意味か?

これは、両方の画像が照明、遠近感、全体的な雰囲気などの類似した特徴を持つ必要があるこということです。
例えば、ゴールデンアワーに撮影した緑の丘の風景の写真があり、自分の写真をそのフレームに挿入したいとします。Photoshopのプロであっても照明が同じではないため、部屋の無地の壁の前で撮った写真を、目的のシーンに追加することはできません。最終的な仕上がりが、自然には見えないからです。
自然に見えるためには、実際に同様の場所で撮った自分の写真を使うことが理想的です。また、風景の遠近感だけでなく、撮影時の天候も念頭におく必要があります。冬服を着た自分の写真を、緑で覆われた晴れた風景に追加するのも合いません。
Photoshopでの加工時に忘れてはいけないのは、光の方向です。風景写真の太陽や他の光源が確認できる場合、または光の方向がわかる場合は、この風景に挿入する写真も光源が同方向にある必要があります。
 人物を写真にPhotoshopする方法 Image3

光がフレームの左から人に当たっていることに注意してください。

  • 縮尺を念頭に置く


写真の選択に満足したら、それらを合成します。まず、Photoshopの投げ縄ツールを使って、挿入する人物の周囲を大まかに選択します。選択範囲をコピーして風景に貼り付けます。
この工程の重要な点は、追加された選択範囲を個別のレイヤーにすることです。Photoshopに貼り付けると、自動的に新しいレイヤーとして追加されますので、他のレイヤーとマージしないでください。工程上、柔軟性を維持する必要があります。Photoshopでの写真加工を学ぶ時に忘れがちなことは、ミスした時に備えて、新しいレイヤーのコピーを作成し、元レイヤーを非表示にすることです。

次のステップはPhotoshopでの写真加工を学ぶ際に最も重要なことの1つです。作品となる写真に人物を取り込んだら、十分注意して縮尺を合わせてサイズの変更を行うことです。Facebookのようなプラットフォーム用の写真サイズの変更ではなく、風景によく合うように変更するのです。サイズ変更のプロセス中にShiftキーを押したままにすると、比率が変わりません。
 人物を写真にPhotoshopする方法 Image4

正しいスケーリングにより、写真に説得力がでます。

  • 新しく追加したものをクリーンアップ

    新しい写真を風景に追加して、縮尺を変更した後、Photoshopする以外の方法で自然な仕上がりにします。これを行うには、大まかな選択を綺麗に整える必要があります。

    マスクツールを選択し、クリーンにする必要な量に応じてブラシのサイズを増減します。細かい調整が可能で、最終的な写真がより自然に見えるために、小さなブラシの使用をお勧めします。これが完了したら、風景に挿入した人物の周辺の余分な背景を塗りつぶすだけです。これで、挿入された写真の余分な部分が消えます。
  • 基本に戻る

    ある写真から別の写真にPhotoshopで人物を移す方法を知って満足する前に、写真編集の基本を創作に組み込む必要があります。新しく追加した部分の色を調整して、風景写真のムードと一致するようにします。露出、コントラスト、ライトを微調整、そしてレベルを使用して赤と青、ホワイトバランスを調整します。デジタル操作とは対照的に、これらはすべては写真を自然に見せる上で非常に重要です。

人物を写真にPhotoshopする方法 Image5Photoshop で適切かつ説得力があるように、写真加工を学ぶには時間がかかるため、初めから完璧に仕上がらなくても問題ありません。そうは言っても、必要な場合は、これが人物を全く別の写真に配置する、非常に簡単で素早い方法です。使用する写真の種類と仕上がりは自然に近いものにする必要があります。

この方法でPhotoshop加工する時に忘れがちなことは、これらのステップを実行する前に、使用する写真を編集することです。雰囲気の異なる風景に人の写真を取り入れなくても、実際に2枚の写真のうちの1枚を編集して、色や露出を同様に見せることができます。Photoshopの複雑な編集に長時間を費やさなくても、Luminarのような使いやすいプログラムで簡単にできます。Luminarで画像をオーバーレイすると、例えば風景に別の空を追加し、思った仕上がりにするのに役立ちます。

Photoshopで自分で写真加工をしたくない場合は、Pro Photo Retouching Packageを購入して、手頃な価格で要件に応じて最大24枚の画像を編集できます。
何を迷っているのですか?Luminarの無料トライアルをダウンロードして、風景に簡単に人を追加し、より自然な仕上がりの作品を作りましょう!