ニュースルーム

美はディテールにあり:Luminar 4、AIストラクチャツールを導入

Luminar 4は、このたび、写真に写った人や他の被写体に悪影響を与えることなく、写真にディテールを自動的に追加するのに役立つコンテンツ認識ストラクチャツールを新たに提供します。

ワシントン州ベルビュー - 2019年8月27日 — 本日、Skylumは、今秋発売予定のLuminar 4のもう一つの新機能を加えることを発表しました。 その新機能であるAIストラクチャは、コンテンツ認識テクノロジーを活用し、必要な場合にのみディテールとストラクチャを追加します。

これは、Skylum社の製品、Luminar 4に導入される、写真編集を支援するために空の置き換えの自動で行う初のツールである「AIスカイ・リプレースメント」の紹介の直後に発表されました。これにより、ユーザーは、Luminar 4にある追加の機械学習ツールに加えて、写真家にとって使いやすいインターフェースと、より実用的なワークフローを期待できるようになります。

「秋の発売日が近づくにつれて、Luminar 4の開発がさらに進むことを心から楽しみにしています」 とSkylumのAlex Tsepko CEOは語っています。「新しいAIストラクチャツールを使用することで、写真家たちは、かつてないほど写真を上手に修正することができるようになります。彼らはきっとその制御およびコンテンツ認識テクノロジーを気に入ることでしょう」



AIストラクチャが優れている理由

画像にストラクチャ、ディテール、明瞭度を追加する従来の方法では、写真家はほとんど処理を制御できず、望んだ結果を得ることができませんでした。画像に人物が存在する場合、肌にディテールが追加されていましたが、これは多くの場合不要なものでした。旧来のストラクチャツールは、多くの場合、画像にノイズやハローももたらしていました。写真家たちは、ストラクチャ制御を微調整し、画像の一部をマスキングしなければならず、それは長く退屈な編集プロセスとなっていました。

AIストラクチャフィルタを使用すると、写真はコンテンツ認識アルゴリズムを利用し、特定のオブジェクトに悪影響を与えることなく、写真のストラクチャを自動的に強化できます。新しい機械学習テクノロジーは、隠れたディテールを強調し、局所的なコントラストを修正し、写真に豊かで自然な印象をもたらします。


どのように機能するのか

Luminar 4のAIストラクチャは、人やその顔、肌、さらには空、建物などのオブジェクトを自動的に識別し、写真全体ではなく、一部をより知的に修正します。それは、決して広くないそうした領域にディテールと明瞭度を加え、ストラクチャを高め、はるかにきれいな画像を作り出します。

これは、写真全体にストラクチャを追加する代わりに、選択的に行うことを意味します。つまり、ユーザーはエフェクトをマスキングしたり、ブラッシュアウトしたりする必要がなくなります。さらにユーザーは、特別な「ストラクチャ・ブースト・テクノロジー」制御を使用し、一歩踏み込んで、クリエイティブな外観の非常にきめ細かい写真を作成することもできます。

「このテクノロジーは、本当に特別であり、他に類を見ません。AIストラクチャは、写真を表現力豊かにするだけでなく、平凡なものをドラマチックに変換するツールです」とSkylumのDima Sytnik CTOは述べています。


AIストラクチャはあらゆるタイプの写真に機能し、ノイズやハローなどアーチファクトをもたらしません。他のLuminar 4フィルタと完全に組み合わされ、ほとんどの場合、ストラクチャ、明瞭度、およびマイクロストラクチャのマニュアル設定を使用する必要がなくなります。AIストラクチャは、よりスマートなフィルタであり、写真家がディテールを引き出すのに役立つだけでなく、いつどこで処理を停止させるべきかを知っています。

価格と発売時期

Luminar 4は、今秋に発売される予定です。現在、skylum.comで予約注文が可能となっています。