ワイルドライフ写真家になる方法

December 18

1 min. to read

本来の自然環境で野生動物を観察することは、スリル満点でワクワクするもです。

ワイルドライフ写真家になる方法 Image1

写真は素晴らしい分野です。自分の身の回りを撮るのが好きな人も多く、上手な人がたくさんいます。写真には幅広い分野があり、野生動物写真は、本格的なキャリアとして選ぶと、実は良い収入になる専門分野です。

ふつう、野生動物の写真は、ワイルドさを愛する人たちに好まれます。ここという瞬間にシャッターをきり、そのワイルドさとらえることです。では、どうすれば野生動物写真家になれるのでしょうか?アドバイスはこちら:

写真の基礎を学ぶ

野生動物写真家になる前に、まず写真家になる必要があります。全ての前提としてカメラの使い方、ライトやさまざまな機材について理解してください。

すぐに野生動物を探す必要はありません。野生動物の写真撮影は、実のところ簡単ではありません。動かない物体を撮影するのではなく、実際に動く動物を撮影するのです。適切な写真を撮影するのは難しいため、まずカメラの使い方に慣れる必要があります。

誰かをアシストをする

次のステップは、専門家を探して助手をすることです。世の中には助手を探している野生動物写真家がたくさんいます。これにより、実地訓練を受け、芸術をよりよく理解することができます。

フォトジェニックな環境を探す

野生動物写真家が一番に念頭に置いている事は、自然に美しいフォトジェニックなスポットを見つけることです。野生動物はジャングルに行かなければ会えないわけではなく、屋上から空を舞うワシを撮影することなどからはじめられます。

安全で/基本的な動物から始める

始めたばかりの場合、一般的で、撮影しやすい動物を選択してください。ライオンやヘビの写真を撮れるようになればステキですが、非常にリスクが高く、キャリア最初の方ではお勧めしません。

辛抱強く

野生生物を撮影するには、その動物の反応をコントロールできないため、粘り強さが必要です。犬はあなたがして欲しいポーズはとらないでしょう。写真家は完璧な写真を撮るまでに何日も待たなければならないことが多いので、それくらいの熱心さで取り組んでください。

必要な装備をリサーチして持っていく

あなたの被写体と場所をリサーチしてください。被写体の行動についても知っておく必要があります。どこに住むのが好きか、何を食べるのか、いつ現れるのかなどです。

最終的に完璧な写真を撮影できたときには、ある程度の編集を加えることを忘れないでください。Luminarは野生動物写真をイキイキとさせるためのおすすめソフトウェアで、多くのプロが使用しています。

このツールは非常に使いやすく、Macユーザーが利用できます。ほとんどの野生動物写真家は、思ったタイミングで撮影できるわけではないため、ライトが特に難しく、問題を修正するために写真編集をします。

すべて完了したら、写真の購入者を探す必要があります。野生動物雑誌やオンラインサイトへ販売するといいでしょう。