ビネット

見る人の注意を被写体に引きつける

このフィルターは画像の周辺部を明るくしたり暗くしたりする事で見る人の注意を画像の中心に引きつける事ができます。机に置いた花瓶や手のひらの結婚指輪など、自分が見せたいものへ見る人の視線が引きつけられます。

ページの作成者
Tony Corbell

加工前

編集後

フィルターコントロール

写真の周辺部をどの程度暗くするかを調整します。スライダーが0の値のときはビネットの効果は適用されません。スライダーを左側に移動させると画像の周辺部がより暗くなり、右に移動させるとより明るくなります。

サイズ

周辺部の明るさが変化する範囲を調整します。スライダーを左に移動させるとビネットの効果が適用される範囲が広がり、スライダーを右に移動させるとより狭い範囲でビネットの効果が適用されます。

丸み調整

ビネットの効果が適用される範囲の形状を指定します。

フェザー

ビネットの効果が適用されている部分とそれ以外の部分をスムーズに繋げる事ができます。

インナーライト

画面中央部のビネット効果が適用されていない範囲を明るくする事ができます。この事でよりはっきりとしたコントラストを生み出す事ができます。

Tony Corbell

プロの写真家

www.tonycorbell.com

トニーは社会人になってこのかたずっと写真家として活動を続けており、また30年以上に渡って照明や編集の技術を教育に携わってきました。3人の米国大統領や数多くの著名人を被写体とした撮影、キャンペーン/カタログや雑誌記事などでの撮影を担当し、スタジオや照明の使い方に関する書籍を多数出版しています。

New AI tools in Luminar 4
and more...