調整可能なグラデーション

空の色をより深い青に

このフィルターを使うと画像を上下2つに分けて別々に処理を施す事ができます。風景写真などでよく使われるこの調整可能なグラデーションフィルターは画像内の異なる2つの要素に対してそれぞれに必要な処理を施す事ができます。

ページの作成者
Serge Ramelli

加工前

編集後

フィルターコントロール

露出

画像の明るさを調節します。スライダーを左に操作すると暗く、右に操作すると明るくなります。画像の明るさを上下個別に調節して全体的な見た目をより引き締める事ができます。

コントラスト

画像の上部と下部個別でコントラストを調節する事ができます。コントラストとは明るさや色合いの差分を表し、被写体を背景から際立たせるのにも便利です。

自然な彩度

このスライダーは色味の薄い箇所を中心により鮮やかな色合いに仕上げるので「スマート彩度」の様な調整と言えます。色がどぎつくならずにリアルな色合いを表現できます。

温かみ

このスライダーから画像の色温度を調節する事ができます。正の値では色温度が上がり、負の値では色温度が下がります。

ブレンド

画像の上部と下部の接続がどれだけ滑らかに行われるかを調節します。数値が大きい方が滑らかに接続され、数値が小さいと急峻な変化が起きます。

シフト

シフトオプションからはグラデーションの位置を変更する事ができます。デフォルトでは画像の中央に位置していますが、自由に動かす事ができます。

回転

角度をつけて撮影した写真や遠近感を活かした構図の場合にはグラデーションの向きを変更する事でより自然な仕上がりになります。回転は-90~+90までの範囲で選択可能です。

Serge Ramelli

プロの写真家

www.photoserge.com

セルジ・ラメリは風景写真や都市写真を専門とする写真家で彼の写真は著作物は世界中で販売されています。40万人以上が彼のYouTubeチャンネルをフォローしており、Lightroom関連では世界で最も人気のあるチャンネルとなっています。写真家に撮影技法を教える事の他、映画に俳優として出演したり自身がメガホンを取ったりと幅広い活躍を見せています。

New AI tools in Luminar 4
and more...