ディテール補正

画像をよりシャープでクリアに

ディテール補正フィルターはよりドラマチックな表現ではっきりとしたシャープな画像に仕上げる事ができます。大中小3つのスケールでそれぞれ輪郭を強調する事ができます。画像の明るい部分が潰れてしまわない様、ハイライトに気をつけて下さい。

ページの作成者
Scott Bourne

加工前

編集後

フィルターコントロール

ディテール補正

大中小それぞれのスケールに応じて細部を強調する事ができます。

ディテール小

繊細なディテールの強調をします。スライダーの値が0の時は効果が適用されません。スライダーを右に動かすと小さいスケールで繊細なディテールが強調され、左に動かすとそうしたディテールが滑らかになります。

ディテール中

やや大きめのディテールを強調します。スライダーの値が0の時は効果が適用されません。スライダーを右に動かすと、中程度のスケールでやや大きめのディテールが強調され、左に動かすとそうしたディテールが滑らかになります。

ディテール大

画像全体で見たときのディテールを強調します。スライダーの値が0の時は効果が適用されません。スライダーを右に動かすと、大きめのスケールでみたディテールが強調され、左に動かすとそうしたディテールが滑らかになります。

プロテクション

画像の明るいハイライトが過剰に強調されるのを防止する為にこのスライダーを使います。

マスキング

マスキングスライダーを使って細部の強調が行われる範囲を調整します。スライダーを左に動かすと範囲の分割数が増えてより細かな部分が強調されます。逆にスライダーを右に動かすと分割数が減ります。

Scott Bourne

プロの写真家

www.photopodcasts.com

スコット・ボーンは野鳥を専門とするプロフォトグラファーであり、野鳥に関連する本を執筆したり講座を開催したりしています。This Week In Photoの創設者の1人であり、Photofocus.comを設立し、新しいPhoto Podcast Networkの共同創設者でもあります。

New AI tools in Luminar 4
and more...