Luminar 3.0.2 最新機能のご紹介

February 14

1 min. to read

view 1235

Luminarは毎月進化し続けます

お客様が魅力的な写真を効率よく製作する事を第一に考える優秀なチームが当社にはいます。
この様な献身的なユーザーのコミュニティがいるというのは非常に幸運な事であると実感しています。 お客様のフィードバックは開発チームの原動力であり、より魅力的な機能を研究開発チームが生み出すインスピレーションでもあります。
2019年最初のLuminarアップデートをまずはお楽しみ下さい。これからも無償のアップデートが続々公開予定です。 お客様のサポートとご協力に改めて感謝の気持ちをお伝えさせて下さい。
Luminarをまだお持ちでない方は是非、無料試用版をダウンロードしてみて下さい。

Luminar 4 Your photography. Elevated.

Replace the sky in your photos, instantly! Boost details with AI Structure. Discover more amazing tools in the new Luminar 4.

  • AI Sky Replacement
  • AI Structure
  • 60+ cutting edge features
  • Instant Looks
  • And more

Luminar 3.0.2 最新機能のご紹介 Image1Windowsユーザー向けの新機能は?

Windows版Luminarをご利用のお客様には、多数のパフォーマンス改善と新機能をお楽しみ頂けます。 全てのお客様のフィードバックに感謝です。おかげさまでLuminarをまた1つ成長させる事ができました。 今回のアップデートで皆さまに喜んで頂ければ幸いです!
サブフォルダー管理
サブフォルダーでライブラリの管理が更に簡単に。 サブフォルダーはカタログ内のフォルダーの内部に入れ子構造で作成されるフォルダーで、実際のハードディスク上に存在するフォルダーとリンクさせる事ができます。

サブフォルダーの作成 ライブラリ内の既存のフォルダを右クリックする事で内部にサブフォルダーを作成できる様になりました。
サブフォルダーの削除 ライブラリ上でサブフォルダーを右クリックする事でサブフォルダーを削除する事ができる様になりました。

フォルダー位置の特定


写真を移動させたり別の位置にコピーした事はありませんか? そうした場合、移動あるいはコピーされたフォルダーがライブラリ内でオフラインとマークされる様になります。 オフラインのフォルダーを右クリックしてフォルダー位置を特定を選択する事で、新しいフォルダー位置を指定しリンクさせる事ができます。


フォルダー追加操作の改良


フォルダーを追加してから気が変わる事はありませんか? キャンセルを押す事で実行中のタスクをキャンセルする事ができます。


オフラインファイルの警告


存在しないファイルやフォルダーを示す警告が表示されます。


ナビゲーションの改善


ツールバーに新たに追加されたボタンから、ギャラリーモードと単一画像表示モードを簡単に切り替えられる様になりました。


ショートカットキー


閲覧モード、Looksナビゲーション、マスク、ツール、編集モードで新たにショートカットが使える様になりました。


新たな言語に対応


新たにLuminarが以下の言語で利用できる様になりました。

  • 簡体字
  • 繁体字
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • イタリア語

パフォーマンスの向上

画像インポートの高速化


カタログに写真やフォルダーを追加する際、インポートの速度が更に高速になりました。


起動速度の向上


カタログを再読み込みする際の起動速度がより高速になりました。


安定性


様々なシチュエーションにおける問題を報告頂きありがとうございました。今回のアップデートで全体的な安定性が向上しています。


Mac版ユーザー向けの新機能は?

Luminar 3.0.2 最新機能のご紹介 Image2

データベース管理


Luminarの写真カタログデータベースに関連する編集内容やメタデータが自動的にバックアップされる様になりました。 新しい設定パネルからはバックアップの頻度を設定する事ができます。


設定パネル


好みの設定を行う事ができます。Luminar 3 > 設定 キャッシュサイズやカタログ、自動バックアップに関する設定を行う事ができます。


書き出し方法の改善


RAW画像や16bit画像で作業しており、ファイル > このアプリケーションで開くコマンドを使用した際に高品質の16bit画像がエクスポートされる様になりました。


Aurora HDRとの統合


複数ブラケットの画像を簡単にAurora HDRで合成する事ができる様になりました。 複数の画像をライブラリから選択し、ファイル > このアプリケーションで開く > Aurora HDRをクリックして下さい。


Aurora HDRをまだご利用でない場合はこの最新レビューをご覧頂き、ぜひご自分でお試し下さい。(Mac/PC両方で利用可能)

Aurora HDR 2019

Get the best-selling HDR photo editor.


フォルダー位置を特定


画像のファイルを別の位置に移動させたりコピーした事はありませんか? オフラインのフォルダーを右クリックしてフォルダー位置を特定を選択する事で、新しいフォルダー位置を指定しリンクさせる事ができます。


フォルダー追加操作の改良


フォルダーを追加してから気が変わる事はありませんか? キャンセルをクリックする事で現在のタスクを終了する事ができます。


ナビゲーションの改善


ツールバーに新たに追加されたボタンでギャラリーモードと単一画像表示モードを簡単に切り替えられる様になりました。


新たな言語への対応


新たにLuminarは以下の言語に対応しました:

  • 簡体字
  • 繁体字
  • 韓国語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • イタリア語

より安全なインポートとコピー操作

充分な空容量のないストレージにファイルをインポートあるいはコピーしようとした時に警告が表示される様になりました。


エクスポート処理の改善


書き出し先に既に存在するファイルと同名の画像をエクスポートする際、上書きや名称変更をするか確認する様になりました。


パフォーマンスの改善

ファイル移動処理の改善 内部ディスクと外部ディスク間でファイルが移動された時にライブラリ内に画像が重複して表示される事が無くなりました。
フォルダー管理の改善 フォルダー管理はもう充分ですか? ライブラリから親(ルート)フォルダを削除してハードディスクからも削除する事ができる様になりました。
sRGBエクスポート処理の改善 特定のカメラにおいて、sRGBプロファイル付きのエクスポートをする際にカラーシフトが発生していました。 この問題は修正されました。
Luminar 2018プロジェクトファイルの改善 Windowsで作成されたLuminarのネイティブファイル(.lmnr)を開く際の処理が改善されました。
安定性 様々なシチュエーションにおける不具合をご報告頂きありがとうございました。今回のアップデートでは全体的な安定性が向上しています。


更にもう一つお知らせ

今回のアップデートでは以下のカメラが新たにサポートされる様になりました:


NIKON

Nikon D3500
Nikon P1000
Nikon Z6
Nikon Z7


PANASONIC

Panasonic Lumix DC-LX100 II

FUJIFILM

Fujifilm GFX 50R
Fujifilm X-T3

SONY

Sony RX100VA
Sony RX100VI
Sony DSC-HX99
Sony DSC-HX95

LEICA

Leica M10-D
Leica M10-P
Leica D-Lux 7

サポートされている全てのカメラのリストはこちらをご参照下さい


アップデートの方法

Luminarをアップデートするのは非常に簡単です。 PhotoshopやLightroom ClassicのプラグインとしてLuminarをご利用の場合、プラグインインストーラーも再度実行する必要があるのでご注意下さい。
Macをご利用の場合:
Luminar 2018を起動してトップメニューからLuminar 2018 > アップデートの確認をクリック。
PCをご利用の場合:

Luminar 2018を起動してトップメニューからHelp > アップデートの確認をクリック。
今回のアップデートに満足して頂ければ幸いです。 更なるパフォーマンス改善と機能の追加に向けて開発を進めています。 当社のロードマップも合わせてご参照下さい。

Written by

Dima Sytnik

CTO of Skylum, Co-Founder of Skylum & Photolemur

Dima Sytnik is a traveler, photographer, and technology geek with varied interests, including ancient civilizations and astronomy. He founded Macphun (now Skylum) in 2008 with his friend Paul. Dima’s big dream for Skylum is to improve photography with modern technologies and make photography and image editing fun for everyone.

New AI tools in Luminar 4
and more...

14日間無料でAurora HDRを試す

正常に送信されました!

受信トレイをご確認ください。
メールでコピーを送信しています。

ごめんなさい

既に登録されているようです。

ごめんなさい

残念なことに、 以前Skylumからのメールを 非購読に設定したようです。 再度購読するには、こちらからどうぞ。 undefined

ダウンロードいただきありがとうございます
Aurora HDR

ダウンロードの準備中…

ダウンロードを開始しないですか。
心配しないで、ちょうど ここをクリックして もう一度やり直してください。

おっと、エラーが発生しました。 ご心配には及びません。ここをクリックしてもう一度お試しください。

ステップ1

ステップ1 Aurora HDR インストーラーを
検索して開きます。

ステップ2

ステップ2 Aurora HDR をインストールする指示
に従ってください。

ステップ3

ステップ3 新しい写真編集体験を
楽しむ